読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西部支部道場日記プラス

鳥取県西部の将棋情報を気ままに発信します

全国高文祭将棋部門鳥取県予選結果

~全国高文祭将棋部門鳥取県予選(全国高校将棋選手権鳥取県予選)
 兼 近畿高文祭将棋部門鳥取県予選結果~
2014年5月10日(土)10:00~
倉吉体育文化会館
  県内9校より89名が出場

【男子個人戦】52名出場
スイス式トーナメント6対局
 ①橋嵜 卓万(米子松蔭1年)6-0…全国
 ②後藤 辰徳(米子工高2年)5-1…全国
 ③中村 文哉(鳥取工高3年)5-1…近畿S級
 ④西村 拓海(境  高1年)5-1…近畿S級
 ⑤田中 悠斗(鳥取西高2年)5-1…近畿A級
 ⑥田中 良人(境港総合2年)5-1…近畿A級
 ⑦山根 朋也(鳥取東高3年)4-2…近畿B級
 ⑧古和 宗也(米子東高2年)4-2…近畿B級
 (順位の差は、ソルコフ等による)
 ※中学校時代から「竜王戦」等の県代表の経験のある1年生の
  橋嵜君が、貫禄の全勝優勝。全国でも入賞が期待できる。
  準優勝は、混戦の中、米工の後藤君がソルコフ等の差で滑り込み、全国へ。
  米工からの男子の全国大会出場は、久々の快挙。
  近畿への6人は、すべて高校が異なり、群雄割拠の様相。
  
【女子個人戦】10名出場
 5人ずつ2組に分け、各リーグ戦。最後に同順位同士の順位決定戦。
 ①谷野  茜(倉吉東高2年)…全国
 ②松本 幸佳(米子工高3年)…全国
 ③湯淺 捺実(米子工高3年)…近畿S級
④藤田 沙彩(境港総合3年)…近畿S級
⑤畠山 美紅(境港総合3年)…近畿A級
⑥宮本茉光子(鳥取工高3年)…近畿A級
  ※史上最多の4校10名の参加。
   昨年、全国経験のある谷野さん、松本さんが2年連続の全国へ。

【男子団体戦】7チーム出場
4チームと3チームの2組に分け、各々リーグ戦。
上位4チームと下位3チームで、各々順位決定トーナメントで1位~7位を決定。 
 ①米子東高A(田口、増田、朴木)…全国
 ②境港総合高(榧野、山本、藤田)…近畿
 ③米子東高B(森、宮本、遠藤)
 ※団体戦は、3人の粒が揃った米子東高が、トータル12-0の完全優勝で、
 2年連続、全国大会出場。入賞が期待される。

【女子団体戦】2チーム出場
 ①境港総合(鶴谷、安倍、景山)…全国
 ②鳥取工高(杉本、田中、岡本)…近畿
 ※鳥工からの女子団体戦出場は初。常連境港総合が2-1で全国へ。

上記の選手および団体を、県代表として
7月26日~28日の全国高文祭茨城県水戸市)、
または、11月15日~16日の近畿高文祭福井市)に
派遣することが決定した。